back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

女子必見!!女子卓球の戦術!!

こんにちは!
目白卓球倶楽部の沖田です!

今回は
『女子必見!!女子卓球の戦術』

を紹介します!

女子は男子に比べて力が弱いため、一発で相手を打ち抜くことは少ないですよね。
そんな女子はどうやって点数を取っていけばいいのか
女子卓球において大事なことはなにか、というのを今回紹介していきたいと思います!
①低いツッツキ
女子同士の試合となると、ツッツキ合いをする場面が多いのではないでしょうか。
まずは相手のボールの回転量を判断し、低くツッツキできるようになることが大切です。
また、弱回転(ナックル)のボールを下回転を強くかけて返すツッツキや、ツッツキでも長短をつけて相手を揺さぶるボールなど
ツッツキでも色々なことができるようになると戦術の幅が広がるんじゃないかと思います。

②スムーズな切り返し

女子は特に切り返しが重要です。
切り返しが遅くなってしまう原因として、バタバタ足が動いていたり、フォームが大きすぎていたり
打ったあとに顔が下がっていたり…と色々考えられます。
まずは自分の試合や練習の動画をみて
何が原因で戻りが遅くなっているのかをコーチたちと確認するといいと思います!
③色々なコースに打てるようにする
コースを意識したドライブ、ラリー中のコース取り、返球するコースを意識することは試合においてとても大切で
勝つ為には絶対に必要になります。
練習方法としては、
・練習相手に一点に集めてもらい、自分がフォアとバックのコースに打ち分ける練習
・強打なしでオール対オールでラリーを続ける

などがいいかと思います!

④ロングサーブ

対男子の場合、ロングサーブを出したら一発で早いボールを打たれて取れなかった…ということが起きますが
対女子の場合はそんなこともないと思います。
なので女子同士の試合だと、速いロングサーブが出せること、ロングサーブに対するレシーブが大切です。
ロングサーブのレシーブは強打せずにコースをついてレシーブし、4球目をしっかりと狙っていくイメージが重要です。

⑤ボールに緩急をつける

緩急というのは緩やかなボールと速いボールのことを意味しますよね!
弧が高いボールやスピード重視の低いボールなど様々なボールを出すことを意味しています。
一定のスピードとスピンのボールばかり打っていては相手が慣れてきてしまい、簡単にボールを返されてしまいます。
そこで緩急をつけることで相手を崩すことができるということです!
例えば、スピードドライブの中にループドライブを混ぜる、ラリー中にゆっくりなボールを混ぜる、などです!

まとめ

以上5点の紹介でした!
女子卓球の特徴をふまえての戦術と練習メニューをいくつか紹介させていただきました!
目白卓球倶楽部では女性コーチが戦術などのレッスンも行っております!
是非レッスンを受けにきてみてください!
↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓
苦手克服!『対粒高の戦い方』編!
苦手克服!?『対カットマンの戦い方』編!
試合で役立つ!!『攻撃型選手の必殺戦術』編!