back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

カットマンオススメ得点パターン!!その②

こんにちは!
目白卓球倶楽部の春日です!
以前、
カットマンオススメ得点パターン!
についてご紹介しましたが、今回は第2弾!

僕も実戦で使用している得点パターンです!
ぜひ、カットマンの皆さんは参考にしてみてくださいね!

①フォアのナックルカットからの両ハンドスマッシュ

この得点パターンは相手の攻撃をあえて切らず、ナックルカットで返球することがポイントとなります!
大抵のカットマンのフォアは裏ソフトラバーなので、自分から変化をつけることができます!
ナックルカットで返球することで相手のツッッキのボールは浮きやすくなります!
そしてその浮いたボールは回転があまりかかっていないので、簡単にスマッシュすることができます!
この得点パターンで必要な技術は
・フォアカットで切る、切らないの変化がつけられる
・浮いた球を両ハンドで打つことができる

②フォア前に短い横上回転バックサーブからの3球目攻撃

この得点パターンは相手のフォア前に横上回転のサーブを出せるかがポイントとなります!
カットマンは基本的に下回転系のバックサーブを出す割合が多く、相手もそのことを前提に戦ってきます!
しかし!その考えの意表を突くために、あえてフォア前に横上回転のバックサーブを出します!
バックサーブの回転上フォア前に出すと、相手のレシーブはただ返すだけだと、フォア側に返ってくるので3球目攻撃を行うことが可能となります!
さらにこのパターン攻撃を決めると、対戦相手の意識がフォア前にいきやすくなり、バックに下回転系のロングサーブが効いてきます!
この得点パターンに必要な技術は
・横上回転のバックサーブがフォア前に出せる
・素早く3球目攻撃の体制に移ることができるか
以上のことが必要となります!

③フォアカットを反転して異質ラバーでカットする。

この得点パターンはバックの異質ラバーを反転してフォアでカットし、変化で得点するパターンです。
カットマンはフォアに裏ソフトを貼っていることが多く
相手もフォアの裏ソフトだと思いフォアに回転のかかったドライブをかけて、オーバーミスを誘ってくることがよくあります。
そこであえて反転して異質ラバーでカットすることにより、とても回転のあるカットを送ることができ
また裏ソフトでカットをしてくると思っている相手の意表をつくことができ、チャンスを作りやすいです!
この時はできるだけ打点の高いところでカットすればより鋭いボールがいき、相手の隙を作りやすいです!
この得点パターンに必要な技術は
・異質ラバーでのフォアカット
・できるだけ高い打点でカットする
以上のことが必要となります!

まとめ

今回はカットマンの得点パターンについて書かせていただきました!
今回のパターンは身につけたらどれも有効な得点パターンばかりなので、是非試してみてください!