カラーラバー解禁!?ラバーの新色追加が決定! | 【目白卓球倶楽部】目白・高田馬場・下落合の卓球教室(スクール)
back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

カラーラバー解禁!?ラバーの新色追加が決定!

目白卓球俱楽部の鈴木です!

卓球と言えば、「赤」と「黒」のラバーが長年採用されており、それが当たり前とされてきましたが、その常識が覆りました!

なんと、卓球の新ルールとして「ラバーの新色追加」が決定したということで、今回はその詳細に迫っていきたいと思います!

是非ご覧ください!

そもそも、なぜラバーの色は黒と赤なの?

まずラバーの色の歴史をさかのぼると、卓球ができた当初はラバーの色に決まりがなく

・イエロー

・ブルー

・グリーン

などの色があったそうです。

ですが、ルールが改訂され、打球した際にボールが見づらくならないように黒か赤の2色で統一されました。

その当初は両面同色でもよく、同じ色のラバーで裏ソフトラバーとアンチラバーを貼り、プレー中にくるくると回しどっちで打球したか分からなくして相手のミスを誘うといったプレースタイルが流行りました!

ですが、そうするとラリーがなかなか続かず、観戦している客もどちらで打ったか分からない、なぜ選手がミスをしたのかわからないといったことがあり、観ている側がつまらなくなってしまうという問題が生まれ、現在の黒と赤の組み合わせに落ち着きました。

こうしてラバーの色の歴史を振り返ってみると、ラバーの色にも様々なルール変更が加えられてきたわけですね!

2021年10月1日よりラバー新色の追加が始まる

1984年以来、長きにわたって卓球は「赤×黒ラバー」の組み合わせが主流でした!

ところが、2019年の世界卓球連盟の総会で、「2020年東京五輪以降にラバーの色の自由化」の案が持ち上がり、賛成派が多数となり可決されました!

色を増やすことによってより華やかさやおしゃれ感をアピールするのが目的だそうです!

もともと2020年の予定でしたが、コロナウイルスの影響による東京五輪の1年延期に伴い、2021年の東京五輪後の10月1日からカラーラバーの解禁となります!

注目のカラーラインナップは、ピンク、バイオレット、グリーン、ブルーの4色です!

赤と黒を加えると計6色ですね!

画像はカラーのイメージです!

―出典 超己スポーツ― https://tatsumisports-info.com/color/

左上から時計回り順でブラック、レッド、ピンク、バイオレット、ブルー、グリーンになります!

ただし、「新色ラバーを使用する場合は、片面は黒いラバーを貼ること」と規定されているので、ご注意ください!

もちろん、従来の黒×赤の組み合わせもOKです!

各卓球メーカーがこのラバー新色追加にどう動いてくるかが楽しみですね!

まとめ

いかがでしたか?

ラバーの色の歴史にまた新たな1ページが刻まれます!

みなさんも、この機会に是非自分好みのカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

目白卓球俱楽部では用具相談も受け付けております!

用具選びでお悩みの方は1度レッスンを受けに来てみてはいかがでしょうか?

ご来店お待ちしております!

↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓

意外と知られていない!?卓球のルール3選!

卓球のルール変更の歴史を詳しく解説!

卓球の基本ルールをご紹介!初心者の方もこれさえ覚えておけば安心!