back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

バック表使用者必見!表ソフトを活かした戦術2選!

コーチの川上です!

今回はバックに表ソフトを使用している私がおすすめの戦術を紹介します!

表ソフトは攻撃することだけが戦術ではありません!

表ソフトを活かした回転の変化やブロックで相手のミスを誘う戦術がかなり重要になってきます!

伊藤美誠選手も多彩な変化で相手のミスを誘うのが非常に上手ですよね!

今回はそんな表ソフトを使用した相手のミスを誘えるオススメの戦術をご紹介します! ①回転の変化を利用した戦術 下回転のサーブを出し、バックへ返ってきたツッツキを3球目攻撃ではなく表ソフトでナックルでツッツキ!

その回転の変化でミスを誘います!

ポイントは

1.回転量の多い下回転サーブを出し、サーブと3球目のナックルツッツキの回転の変化の幅を大きくすること

2.表ソフトでのツッツキは鋭いナックルにして、相手にナックルとバレないようにすること

以上の2点です!

サーブと3球目ツッツキの回転の変化の幅が大きければ大きいほど、ミスを誘える確率が上がります!

切れた下回転のあとにナックルが来ると相手はやりずらいですよね!

ツッツキの弾道も浮いてゆっくりになってしまうとナックルとばれてしまうので

なるべく切れたツッツキと同じ鋭い弾道にすることで相手にばれずにナックルツッツキすることが出来ます! ② ブロックでの変化を利用した戦術 相手のドライブに対して、ナックルや伸びるブロックの他に

短いブロックなどの長短の変化をつけることで前後に揺さぶり、相手のミスを誘います!

ポイントは

・ただブロックするのではなくインパクト時にラケットを引いたり横にスライドする

です!

短くブロックするコツとしては、ブロックのインパクト時にラケットを前へ押し出したりしてしまうとボールが長くなってしまったり

相手のボールに合わせるだけだと中途半端なブロックになってしまったりで短くブロックすることはできません!

そこで重要なのが先ほど紹介したポイントのようにインパクト時にラケットを引いたり横にスライドさせることです!

そうすることで相手にボールの勢いを殺し、短くブロックすることが出来ます!

初めは慣れていない方向にスイングするので怖さがあるかもしれませんが ミスを怖がらずに自分のボールにできるようにしましょう! まとめ ドライブに対していろんなブロックが出来る様になる為には 多球練習で感覚が掴めるようになるまで沢山の練習が必要だと思います!

こんな打ち方もあるんだ!

と、遊び心を持って練習してみて下さい!

今回ご紹介した技術は難易度が少し高めの技術なので、もっと詳しく知りたい、確実に習得したという方は是非1度私のレッスンを受けに来てみてください!

表ソフトならではの変化を付けたプレーが出来る様になりたい方や、表ソフトのボールを受けるのが苦手な方など、是非ご来店お待ちしております! ↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓ 『表ソフトのナックルボールの効果』について!

表ソフトラバー使用者にオススメな得点パターン2選!

表ソフトラバー使用者が出来るようにしたほうが良い技術!