back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

苦手克服!『対左利きの戦い方』編 その②

こんにちは!

目白卓球倶楽部の鈴木です!

今回は、以前私が紹介した

苦手克服!!『対左利きの戦い方』編!!

の続編です!

前回はサーブからの展開を紹介したので今回は

『レシーブ編』

をやっていこうと思います!

左利きが苦手で困っている選手は是非参考にしてみてください!

対左利きの戦術(レシーブ)

まずは、私もそうですがほとんどの左利きの選手がバックサイドに立ってフォアサーブを出すと思います!

サーブを出すコースは右利きの選手のフォア側に出す選手が多いですかね!

この左利きの選手がメインで使用しているフォア前サーブに対してのレシーブ戦術を紹介していきます!

まずは、左利きの選手がバックサイドに立ってフォア前にサーブを出してきたと仮定します!

サーブ後相手はバックサイドに立っているので、1番相手にとって遠いフォア側へレシーブしましょう!

ここが重要ポイントです!

傾向として左利きのフォアへのレシーブは攻撃されるのを警戒してバックにレシーブしている選手が多いのではないでしょうか?

実は左利きの選手はサーブ後バックにレシーブされることが多いので、バックで待ち構えていて、フォア側は意外と警戒していないことが多いです。

しかもフォアサイドの厳しいコーナー側にレシーブすることが出来れば相手の体勢を簡単に崩すことが出来ます!

そうすればあとはガラ空きのバックサイドの打ち込めば主導権はもらったも同然ですね!

ここを攻められると左利きの選手は辛いと思います!

そして、左利きの選手がフォア側を攻められていると気付きフォアを警戒してくるようになったらすかさずバックへレシーブしましょう!

そうして待ちを絞らせないことによって主導権がさらに掴みやすくなると思います!

こうした、相手の逆を突いて体勢を崩す、的確なコース配分で待ちを絞らせないということは戦術を組んでいくうえで非常に重要です!

今回紹介した戦術をもとに新たな自分のオリジナル戦術を考えて試してみてはいかがでしょうか!

まとめ

いかがでしたか?

あくまで私個人がやられると嫌な戦術の紹介ですが、多くの左利きの選手に通用すると思います!

左利きの選手に苦手意識がある方は是非試してみて下さい!

目白卓球倶楽部では実践に向けたレッスンも行っております!

試合で様々な戦型に対応できるようになりたい方は是非1度足を運んでみてはいかがでしょうか!

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓

苦手克服!!『対左利きの戦い方』編!!

左利き必見!左利きにオススメしたいサービス!

左利きの必殺技!カーブドライブについて!