back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

世界を代表する名カットマン3選手!男子編

こんにちは!目白卓球倶楽部の春日です!
今回は世界を代表するカットマン3選手についてです!

攻撃型が主戦の中、カットマンは希少な戦型ですが
多くの方を素晴らしいプレーで魅了し、世界で活躍したプレーヤーがいます!
今回はその中から僕が歴代の名選手たちを紹介していこうと思います!

朱世赫選手(韓国)

韓国のカットマン選手で世界歴代最強カットマンといっても過言ではない選手です!
戦績は
2003年世界選手権パリ大会 シングルス準優勝
2004年世界選手権ブレーメン大会 団体準優勝
ロンドンオリンピック男子団体銀メダル
世界最高ランク5位
と輝かしい実績を持つ選手です!
ドライブマンだらけのこの卓球界でカットマンで世界トップ10にランクインするのはもはや異次元です!
当時はカットマンといえばカットで粘って相手のミスを誘う戦術が一般的でした!
しかし、朱世赫選手は従来のカットマンのスタイルとは真逆でサーブから3球目や相手のあまいボールをガンガン攻撃するタイプでした!
当時のカットマンは守備が当たり前の卓球界では斬新なスタイルで、瞬く間に頭角を現しました!
今では、カットマンも攻撃するのが当たり前になりましたが、この戦術は朱世赫選手が取り入れていなかったら卓球界でカットマンが攻撃する戦術はなかったと思います!

松下浩二選手(日本)

日本を代表する選手でもあり、世界でも常にトップにいたカットマンです!
戦績は
全日本卓球選手権 シングルス ダブルス優勝
世界選手権マンチェスター大会 ダブルス3位
世界選手権クアラルンプール大会 団体3位
世界最高ランク17位
松下浩二選手はカットで粘り、チャンスを作り隙あらば攻撃を仕掛けていくタイプの選手です!
カットは非常に回転があり、変化もあり、なおかつフォームがとても綺麗です!
また、カットで粘っていくスタイルなのでラリーが続きカットマンらしい非常に見ごたえのある試合が多いです!
現在はTリーグ運営の代表もやられている日本卓球界でとても偉大な方でもあるんです!

陳衛星選手(オーストリア)

中国から帰化したオーストリア代表のカットマンで、今は国際大会にあまり出ていないので
知らない方もいるかと思いますがこの選手も世界のトップにいた選手です!
戦績は
ヨーロッパ選手権 ダブルス優勝
北京オリンピック 男子団体4位
ヨーロッパトップ12 ベスト4
世界最高ランク9位
陳衛星選手はカットマンの中ではかなり変わったタイプのカットマンです!
それはなんとフォアカットを一切せず、フォアに来たボールはすべてドライブで返すカットマンなんです!
しかも、そのドライブが本家の攻撃選手顔負けのパワフルドライブなんです!
また、攻撃だけだと思いきやバックカットの守備力や切れ味も世界トップレベルだったので世界ランク1桁までのぼりつめることができました!

まとめ

カットマンの中にも色々なタイプの選手がいます!
誰か一人好きな選手を作り、その選手のマネから入るのも自分は大事なことだと思います!
皆さんも是非、参考にしてみてはいかがでしょうか!

↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓

試合前の!カットマンのオススメ練習方法!
オススメ!カットマン裏ソフトラバーランキング!
カットマンオススメ得点パターン!