back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

カットマンが表ソフトを使うメリットとデメリットについて!

こんにちは!目白卓球倶楽部の金子です!
今回の記事は、カットマンが表ソフトを使うメリットとデメリットについてです!

一般的にカットマンは、フォアが裏ソフトでバックが粒高の組み合わせが多いと思いますが、
私はバックは粒高ではなく、表ソフトを使用しています!
今回は表ソフトを使うメリットとデメリットについてご紹介させていただきます!

メリット① 相手の回転を受けにくい

1番実感するのはレシーブ!
相手がものすごく回転のかけたサーブを出してきても
回転の影響を受けにくいため、タイミングさえ合わせれば返球出来ます
「私、レシーブ苦手…」と感じている方には、ぜひおススメします!

メリット② カットで変化がつけやすい

カットをするのが楽しくなります!!
…というのも、自分から球に回転をかけることもかけないこともコントロール出来るからです
下回転とナックルの差がつけやすいです!
なおかつ、球離れが速いので、相手から回転の変化が見えにくく、ミスを誘いやすくなります

デメリット① 球が浮きやすい

油断するとチャンスボールになります…
特にツッツキ!
回転量によって面を立てたりスイングを速くしたりなどの工夫をしないと球が浮いてしまい、打たれてしまうのがオチです!
表ソフトでのツッツキは少し難しいです!

デメリット② 回転の強いドライブを抑えにくい

「強い回転のドライブを抑えきれずにオーバーミス!」
私がよくやる失点パターンの1つです!
表ソフトだと、反射的にラケットを振っただけでは抑えきれないため、
面の角度やスイングスピード等色々意識しないと、回転の強いボールを止めるのは難しいですね!

まとめ

いかがでしたか?
今回は、カットマンが表ソフトを使うメリットとデメリットについてご紹介させていただきました!
カットマンは裏ソフト×粒高 が主流ですが
1度表ソフトも試してみると良いかもしれません
目白卓球倶楽部では、用具の相談も受け付けております!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓

カットマンにオススメのサーブ!
カットマンオススメサーブその2
オススメ!カットマン粒高ラバーランキング!