back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

ペンホルダーのバックプッシュのコツ!

こんにちは!
目白卓球倶楽部の杉本です!
今日は「ペンホルダーのバックプッシュ」について紹介したいと思います!



シェークに比べてペンホルダーはバックで強いボールを打つのが難しいため、どうしてもバック側が狙われがちです!

特にドライブやサーブをバック側に集められて、厳しい展開になることも少なくありません。

そこで、今回はバックの弱点をカバーするための「バックプッシュ」という技術を紹介したいと思います!

バックプッシュとは?


バックプッシュとは、通常のバックショートよりも

ボールを強く弾くようなイメージでスピードを速くし、攻撃的に返球することが出来る技術です!

基本的には上回転のボールに対して使います!

少し難易度は高いですが、身に付けられるとバック側での攻撃的な返球が可能になり

相手にドライブされた時や回り込んでのフォアハンドが難しい時に活躍してくれます!

それでは、このバックプッシュのポイントを紹介していきます!

①当たる瞬間にスイングスピードを速くする

まずは、通常のバックショートよりも威力を出すためにスイングスピードを速くしましょう!

速く振る分、グリップが崩れやすくなるのでいきなり速くせず

グリップが崩れないようにするのを意識しながら徐々に速くしていきましょう!
②来てるボールの球質に対してラケットの角度を合わせる!

これがとても重要です!
相手に打たれた際のボールの回転量に対して、どれくらいの角度でラケットを当てれば良いかの感覚を意識しましょう!
ネットしてしまったら面を少し上に、オーバーしてしまったら面を少し下に向けるなど、細かく修正していってミスを減らしていきましょう!
③インパクトを作る!


これも重要なポイントの1つです!

より威力のある重いプッシュを打つためには、インパクトを作り

自分の体重をボールに乗せることが必要不可欠です!
タイミングを合わせてラケットを前に押し出し、早くて重いボールを送りましょう!

インパクトの瞬間にバック面に乗っている中指でボールを押し込む意識をするとやりやすいと思います!

まとめ


今回は、「ペンホルダーのバックプッシュ」ということで

ペンホルダーがバックプッシュで攻めるときのポイントについて紹介させていただきました!
今回紹介した、基礎をもとにストレートへのプッシュや

少しナックル気味のボールも出せると試合でも更に使えますよ!

目白卓球倶楽部では、ペンホルダー選手のレッスンも行っています!
ペンホルダーのレッスンを受けたい方、気軽に足を運んでみてください!
ご来店お待ちしております!!

↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓


ペンホルダーが出すべきサーブ!!

必見!ペンホルダーに必要な技術!

必見!ペンホルダーに必要な技術!その②