back phone calendar twitter facebook hatena

loading...

top

目白・高田馬場・下落合の卓球スクール

ペンホルダーのバックブロックについて!

こんにちは!
目白卓球倶楽部の杉本です!
今回は「ペンホルダーのバックブロック」について紹介したいと思います!

シェークに比べてペンホルダーはバックで強いボールを打つのが難しいため、どうしてもバック側が狙われがちです!
特にドライブをバックに集められて、失点してしまうことも多いです!
そこで、より「バックブロック」を安定させる方法をご紹介したいと思います!

台から下がらない!

これが必須となります!
ペンホルダーはシェークと違って、バックをスイングして回転をかけるのが難しいです。
台から下がってしまうと、返球が遅れてしまい相手に余裕を与えてしまいます!
自分から回転や威力を出すのが難しい分、できるだけ台の近くで素早く相手に返球するように意識しましょう!

ラケットの位置を高く保つ!

これも重要なポイントの1つです!
ラケットが下がってしまうと、ループドライブ等の回転が強くかかかったボールを抑えきれずにミスしてしまうリスクが上がります!
相手のボールの威力を抑えるためにもラケットを高く保つように心がけましょう!

まとめ

今回は、「ペンホルダーのバックブロック」ということで
ペンホルダーがバックブロックをする際に気をつけるべきことについて紹介させていただきました!
今回紹介した、基礎をもとにストレートへのブロックや少しナックル気味のボールも出せると試合でもとても使えますよ!
目白卓球倶楽部では、ペンホルダー選手のレッスンも行っています!
気軽に足を運んでみてください!
ご来店お待ちしております!!

↓↓↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓↓↓

必見!ペンホルダーに必要な技術!
必見!ペンホルダーに必要な技術!その②
徹底解剖!ペンホルダーの種類について!